特集

社長コラム【会社改革の500日 R2 vol.9】全社テレワーク1ヵ月(社内報2020年5月号より)

1.テレビ会議、雑談から始めよう

3月26日に全社テレワークを始めてから1ヵ月。皆さん、慣れない部分も多いかと思いますが、今のところ仕事はちゃんと回っていてホッとしています。

思えば、テレワークやテレビ会議を始めたのは3年前。元々は、名古屋、サンフランシスコなど遠隔オフィスとの打合せ、子育て社員の働きやすさUPのためだった。それがこんな形で役に立とうとは。移行もスムースだった。整備してくれた総務と人事に感謝したい。

さて、テレワークが長引き、自宅での一人作業がこれだけ続くと、心配なのは皆の精神面だ。特に一人暮らしの若手。ちょっとした孤立感に陥る人も多いのでは?社会から切り離されたようで、自分の活動は世の中に作用しているのか?ひいては、何のために働いてるんだっけ?みたいな。僕は家族と暮らすが、そういう感覚は少なからずある。

そこで役に立つのが、テレビ会議での「雑談」だ。小さいと侮ることなかれ。近況をたずね互いの状況を理解することは、自粛生活を励まし合い、連帯を感じ、安心を得る。

テレビ会議は津谷?東で多い日は7つ8つ。本来雑談が苦手で、いきなり本論、決めたら終わりというサバサバ会議が好きな僕も、原則、近況伺いから始めている。

今週の幹部15人が集まる連絡会でも聞いてみた。家族持ちにも、それなりの苦労が。例えば、退屈する子を抑えるのに苦心する人。子供は会議中も背景に入ってきて叫びまくるが、スルーすれば問題ない。違う会社で働くが一つのテーブルでテレワークする夫婦。よく考えるとシュール。この機会にと、粗大ごみ整理や模様替えに精を出す人。ウイルスを家に持ち込むなと夫婦喧嘩が勃発(笑)した人もいた。

1人暮らしの人、仕事を離れてのオンラインお喋り会や飲み会など、積極的に楽しんでくれたらありがたい。

2.津谷家で流行っていること

津谷家で自粛初期にやっていたのは体操とストレッチ。東さんと子どもは一時『HAND CLAP体操』に嵌り、YouTubeを見ながら頭上で手を叩き踊っていた。最近は、早朝か夕方、20分のジョギング。前から来る人をお互いよけて走る。

また、夜の食事時は、僕が「やるぞー!」と声をかけ、家族一斉で支度?片付け。生活のリズムを作るのに効果的だ。子供たちもゲームやYouTube三昧に飽き、楽しそうに手伝うようになった。ただ、狭い場所で人数が多いためか皆テンションが異常に上がり、3分後には「皮むきした奴ゴミ捨てろー」「落としたらすぐ拾えー!」「私の茶碗だけ出てなーい」と、怒鳴り合いながらの作業に。その方がスピードは上がるから問題ないが。

3.ポストコロナ、エンタメを提供して貢献

ポストコロナの社会はどうなるのか?自粛と解禁のサイクルを繰り返し、一年位かけ収束すると言われるが、その後、人々の生活意識には必ず変化が起きるだろう。我々は、物語コンテンツをしっかり届け貢献するのをベースに、その先を考えていきたい。では皆さん、残りの自粛期間、気を付けて過ごしましょう!

アーカイブ:会社改革500日

朋友的未婚妻_高清videosgratis欧美_日本三级香港三级人妇