特集

コンテンツ業界の方々を対象とした交流イベントを初開催!「ヒットクリエイトMeeting! Vol.1 心を動かすストーリー作りのメソッド」アフターレポート

2019年3月28日に、ヒットを目指す全てのコンテンツ業界の方々の交流をメインとしたイベントとして「ヒットクリエイトMeeting!」を開催いたしました。第一回目となる今回は、「JIN-仁- 」「義母と娘のブルース」等のヒット作を手掛け、数々の受賞歴もある脚本家?森下佳子さんをお招きし、「心を動かすストーリー作りのメソッド」をテーマに弊社の取締役副会長?東奈々子と「天下統一恋の乱 Love Ballad」ディレクター?長島麻衣子の3人でトークショーを実施いたしました。

写真右から)脚本家 森下佳子さん
ボルテージ取締役副会長 東奈々子
天下統一恋の乱 Love Ballad ディレクター 長島麻衣子

◆原点は少女漫画、20代で会社を辞めて脚本の道へ

:脚本家になられたきっかけは何でしょうか?

森下さん(以下敬称略):学生時代に演劇をしていて、就職しても演劇への熱がさめやらずそのまま続けていました。社会人になると学生と違って演劇に向き合う時間が取れなくなり、会社を辞めてしまいました。さてどうしようかと一人できる演劇の仕事を考えたときに選択肢として浮かんだのが脚本家でした。働きながら芝居を続けて、映像の脚本を書き始めたのは25、6歳くらいからです。

:子供のころからお話が好きでしたか?どんな作品を読んでいましたか?

森下:一番初めに触れたのは少女漫画ですね。木原敏江さんの漫画がすごく好きでした。名作がたくさんあります。夢の碑シリーズなど作品に歴史を絡めたお話がとても面白いです。池田理代子さんのベルサイユのばらも大好きですし、私のベースは少女漫画だといって過言ではないと思います。
現在ではクリント?イーストウッド監督の映画なども好きでよく観ています。

:いろいろな作品を書かれていますが、ご自身が一番印象に残っているものは?

森下:「白夜行」です。主人公が殺人を犯して生きて行くお話で、原作は主人公の2人を他者から見た視点全部書かれていて視点がころころ変わります。ドラマでは、小説とドラマを合わせたら全てが分かるようにしたいという構造的な目標があったので、ドラマでは原作ではほとんど描かれていなかった亮司と雪穂の関係を描きました。原作では他者からの視点だけだったので、そんなに気にならなかったのですが、改めて2人をきちんと見直すと、やはり殺人をいくつも犯していることでモンスターに映ってしまった。およそ理解できない殺人鬼の殺人紀行を放送しても意味がない。なので、2人をモンスターにしないというのが当時のプロデューサーの目標でした。ギリギリ共感できる事情や心情を模索し説明するために、「どうしても殺さざるを得なかった」という説得力を持たせることが大命題であってしんどかったです。

◆史実モノは外せないポイントを探り、視聴者の期待を裏切らない

長島:大河ドラマなど実在の人物を扱う際は、ゆかりの地に取材に行くことはありますか? 取材できない場合、頼りにしている資料があれば教えてください。

森下:取材は時間的に沢山は行けないですが、もちろん行くこともあります。
定番として頼りにしている資料はこれといってはありませんが、ネットで調べたり、さらに詳しいことが知りたくなれば関係書籍などを読みます。ほかにも既に同じテーマで創作物がある場合は自分の先に色々な方たちがテーマに対しての考えや想いを繰り返している跡を見ることが出来るので、参考にしています。それらを複数読むと、絶対に外せないポイントが分かるようになります。
一方であまり他の人の登場しない事件を広げていくということもしますね。
「おんな城主 直虎」に今川氏真という、あまり他の作品では描かれていない登場人物がいるのですが、実際調べてみると彼自身かなり面白い人生を歩んでいて、「おんな城主 直虎」ではそれをさらに膨らませてストーリーに組みこんで行ったりしました。

:逆に史実のキャラクターだと視聴者が事前に期待している像がありますが、そういうものは意識することはありますか? 信長だと破天荒な感じとか。

森下:「おんな城主 直虎」の織田信長は皆さんのイメージのままでやろうという気持ちがありました。「おんな城主 直虎」は織田信長が主人公ではなく無名の直虎さんが主人公、他の登場人物もあらかじめのイメージがない人が多い。ここで信長まで最新の研究によった形でイメージを刷新してしまうのは得策かどうか。そう考えた上で主人公から見た信長像はイメージ通りのキャラクターで出しました。信長が主人公ならもちろん考え方は別ですよ。

◆オリジナル企画は、小さな種を人との対話で膨らます

長島:オリジナルの作品について、テーマは自分の中の描きたいものなのか、今これが世間に求められているというものか、もしくはキャラクターが先行して生まれるのか――。どこから作品作りが始まることが多いのでしょうか?

森下:プロデューサーの方から「こんな話をやりたいです」とお話を頂き、それを受けて手段や方法を提案することが多いです。
「ごちそうさん」はどういうところから企画を立てていったかというと……最近の朝ドラでは「女性が目標を持って何かを達成する」というのが定型になっていますが、「今の女の子には目標達成は最上の幸せではないのでは? 違う幸せのモデルを描けないか?」という問いかけがプロデューサーからあったんです。そこで名もなき夫婦の幸せな毎日そのものを目標?テーマとするという方向性が定まりました。そこに料理というモチーフが加わり、主人公の夫である悠太郎の職業を考えたとき、人間の生活でまず大切なのは料理(食事)、次に大切なのは住居だから建築関係の仕事にする、など夫婦の形でまた違った意味を発信することが出来るようにしました。
企画は本当に小さな種で良いです。一人でそれを大きくしていくことが出来る人も居ますが、私自身は「最近こういうことあって……」とか「こういうことを思っていて……」とか、人と話すことで大きくなることが多いですね。

◆何かを達成しながら恋愛を育むほうが、恋愛だけよりも書きやすい

長島:「ごちそうさん」執筆の際は、視聴者をキュンとさせるため、意識的にされたことはありますか?

森下:キュンとさせることを作為的にやろうとはしていませんでした。実は私もプロデューサーもラブコメを作ったことがなくて、「単純にラブコメって楽しい!」と言いながらやりました。イメージとしてあったのは「はいからさんが通る」ですね。

長島:恋愛ものと恋愛がメインじゃないものを書くときの違いは何かありますか?

森下:恋愛ものと恋愛がメインじゃないものの場合、「白夜行」なら犯罪、「義母と娘のブルース」なら家庭というテーマが先にあって、恋愛が後です。恋愛以外のテーマから考えてそこから恋愛を展開して行く作り方をしています。例えば刑事もので「付かず離れずな感じだけどある時恋に落ちる」とか、「犯人に恋してしまう」とか色々な展開があると思いますが、何を共同作業としてさせるか、どういう一面を見せるかなど作りながら見つけていくという感じです。何かを達成しながら恋愛を育むという方が書きやすいです。恋愛だけ書いている人は尊敬します。

 

アーカイブ:ヒットクリエイトMeeting!

朋友的未婚妻_高清videosgratis欧美_日本三级香港三级人妇